鍼が効くメカニズム

鍼は血行改善の効果があり、これは鍼をするとその部分が赤くなりますが、これは神経の抹消部分で血管が拡張して血流が活発になるために起こると考えられています。
また、鍼には鎮痛作用があり、ギックリ腰などの場合痛みに対する感受性が高くなりますが、鍼治療はこの過敏な状態を和らげることができます。
このように鍼で痛みが軽くなるのは、脳内からエンドルフィン・エンケファリンという物質が分泌されるためだと考えられています。
また、鍼で血行が良くなると、ブラジキニン・プロスタグランディン・セロトニン・ヒスタミンという物質が減るからだとも考えられています。
さらに、鍼は筋肉の緊張を緩和することができます。
例えばひどい肩凝りなどでは血行不良や筋肉の柔軟性が低下したりして、頭痛やめまいなどが起こることがありますが、鍼治療でいわゆる持続的緊張(凝り)を和らげれば、このような症状が改善されます。
鍼は身体的な痛みだけでなく、自律神経のバランス調整の役目もあります。
私たちは精神的なストレスや更年期などで自律神経が失調しますが、この自立神経失調症の治療に東洋医学では元気を高め、身体が感じる寒暖を調整したり、循環器の障害を改善することで本来の自律神経のバランスになるように整えます。
以上のようなメカニズムに加えて、鍼には免疫に対する作用もあるとされています。
つまり、鍼治療を続けていると風邪を引きにくくなりますが、これは白血球の活性化が高まるからのようです。
これも鍼に虚と実の状態を調節することで、身体の陰陽のバランスを整える効果があるからでしょう。

コメントを残す