マッサージと鍼灸との違い

マッサージと指圧、鍼灸を同じように思っている方は多いようですが、特にマッサージと鍼灸がセットでなっている場合が多いので、混同されるのでしょう。
鍼灸とマッサージには大きな違いがあり、マッサージは癖になりますが、鍼灸は完治すればまず癖になるようなことはないようです。
まず知っておきたいことは、マッサージでは基本的に筋肉の凝りを取り去ることができません。
それに対して、きちんとした鍼灸治療を受ければ筋肉の凝りを取り去ることができます。
マッサージは気分が気持ちよくなる程度で、筋肉が痛くなるようなマッサージはないでしょう。
ただし、指圧は鍼灸と似た部分がある医療行為ですから、施術では痛みを我慢したりもします。
また、鍼灸治療は直接筋肉に鍼を刺したり、もぐさで皮膚を熱しますから、ある程度の痛みがありますが、ここがマッサージとの大きな違いと言えるでしょう。
ここで病院の話をしますと、現在の医学ではCTスキャンなどの画像診断で神経屋血管、骨や椎間板などの異常は判明しますが、筋肉の凝りは分かりません。
したがって、筋肉の凝りが痛みになって現れた場合は鍼灸以外の方法では痛みはとれないでしょう。
もちろんマッサージでは痛みを取り去ることはできません。
覚えておかれると便利なのは、マッサージは適度に筋肉を揉みほぐし身体と気分を良くするためで、鍼灸は鍼やもぐさでツボを刺激して血行を促進することで根本的に筋肉の凝りや痛みをとりさるということでしょう。
ですから、マッサージと鍼灸を行なうことで、心身をリラックスさせながら筋肉の疲れや痛みを治す手法が使われるのです。

コメントを残す