鍼灸とはどのようなものなのでしょうか

鍼灸(しんきゅう)は鍼(はり)と灸(きゅう)を合せた呼び方で、普通私たちは「背中が張ってしかたがない」とか「最近肩凝りがひどい」、などと言う時に、鍼やお灸でその症状を楽にして和らげることが多いでしょう。
背中が張るとか肩が凝るというのは身体が何らかの不調を訴えているのですから、もしかすると内臓の疾患などもあるかも知れません。
しかし、その原因の多くは血行不良による筋肉疲労や過剰なストレスだということも多いようです。
このような場合、病院で診察を受けてもお医者さんはあまり深く考えないで、そのままで薬も処方してくれないでしょう。
しかし、現実には背中が張るとか肩が凝るのは辛くて我慢ができません。
そのような時に苦痛を和らげるのに効果的なのが鍼灸であることは昔から良く知られています。
では、鍼灸とはどのようなものなのでしょうか。
簡単に言いますと、鍼は身体のツボに鍼を刺して血行を促進し、体内のエネルギーである「気」を整えて身体全体のバランスを整えます。
治療は一回でも身体のバランスは良くなりますが、できれば身体に無理がないように何回か施術をして徐々に体調を整えるのが効果的です。
一方で、灸はもぐさを皮膚のツボがある部分に置いて、このもぐさを燃やすことでツボに刺激を与え、やはり血行を良くして身体が持つ自然治癒を活性化してバランスを整えます。
このように鍼灸はともに身体にあるツボを刺激して自然治癒力を高める方法で身体のバランスを整える東洋医学です。

コメントを残す