鍼灸は魔法ではありません

鍼の施術では、針を刺してすぐに抜く「単差し」と鍼を刺した状態で10~15分ほどそのままにしておく「置鍼」があります。
また、差した鍼の低周波の電流を流して筋肉中の血行を促すパルス鍼もあり、これらの手法は患者さんの症状の状態によって使い分けられます。
人にもよりますが、鍼は一度で効くと思われて、実際には一度では症状が改善されないと鍼は効かないと思ってしまうようですが、鍼は魔法ではありませんから、これらの手法を継続的に行うことが大切になります。
灸の治療は痛みに高い効果があることで知られています。
灸には様々な種類がありますが、一般的なのは「温灸」で、この手法は皮膚に直接もぐさを置かないで、間接的にもぐさが燃える時に出る熱を皮膚の下にあるツボに伝えます。
もぐさが燃えますから多少は熱く感じますが火傷をするようなことの心配はありません。
ただし、ここで注意したいのは、痛みには必ず原因があり、骨が折れていたり筋肉繊維が切れていたり、また内臓に疾患があるための痛みがあります。
このような場合鍼灸は一時的に痛みを緩和しますが、根本的な原因までは治すことはできません。
単なる筋肉疲労やストレスなどでしたら、鍼灸を定期的に施せばその症状は改善されて心身ともに爽快になりますが、骨折や筋肉繊維の断裂、あるいは内臓疾患の症状が痛みとして現れてくるような場合にはしかるべき病院で精密検査を受けましょう。
このような場合、鍼灸はあくまでも一時的な症状の改善に止まると言うことを覚えておいてください。

コメントを残す