灸で治せるもの、治せないもの

最初に考えてみたいのは、病気が治るというのはどのような場合なのでしょうか。
病気の症状で痛みがあるのが痛く無くなったら、それは治ったことです。
また、風邪を引いて高熱が出た時にそれが平熱になれば治ったことですし、自由に動かせなかった関節が動かせるようになれば治ったことになるでしょう。
ちなみに世界保健機構(WHO)では病気の定義として、恒常性保持機能を逸脱した状態」としています。
この言葉は難しいのですが、具体的には体温が36.5℃で、心拍数が1分間に80前後、血圧の下が80、上が120という具合のようで、これが病気ではない健康体戸いうことになります。
したがって、このうちのいずれか、あるいは全てがこの数値を大きく外れた状態が病気だと言えるでしょう。
ところで、鍼灸は様々な病気に有効ですが、特に血行障害に原因する病気や体調不良の治療には効果を発揮します。
例えば骨折や筋肉の繊維の断裂でない痛みを緩和あるいは完治することができますから、ひどい肩凝りや腰痛などの症状の緩和に灸は大きな効果が期待できるでしょう。
ただし、灸で何でもが治せるというのではなく、鍼灸の治療で治る効果が期待できない場合もあります。
灸では治らない病気としては、チフスやコレラなどの法定伝染病や届出伝染病、高熱疾患、心筋梗塞などの重い心臓疾患、急性虫垂炎、様々ながんなどの悪性腫瘍、破傷風、丹毒、血友病、エイズ、壊血病などがあり、これらのいずれもはしかるべき専門の病院での検査、診療、治療が必要になります。

コメントを残す