ツボ別適応症

大雑把に言いますと人体は骨と筋肉で作られていますが、体内外には無数の神経網が張り巡らされていて、その全てが最終的には脳につながっています。
その脳が取り仕切っている人体の様々な場所にツボがあるのですが、ツボ別適応症を見てみましょう。
まず、腰は性腰痛(ギックリ腰や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、慢性的な腰痛などがあります。
次いで、肩は腕のしびれや慢性的な肩凝り、五十肩などで、首は頚椎ヘルニア、寝違え、ムチウチさらには事故の後遺症などです。
頭では偏頭痛や慢性頭痛、さらにはめまいや耳なりなどで、足では膝の痛みやO脚、捻挫や足のしびれ、外反母指などです。
また、姿勢もツボと関係があり、猫背など、その他、アトピーや喘息、さらにはストレス障害や自律神経失調症、更年期障害、内臓機能障害などがあります。
この中で一般的なツボ適応症は肩凝り、腰痛、腕の痛み、足の痛みさらには食欲不振や夏バテ、冷え性とストレスですが、頭痛や扁桃痛、眼精疲労、胃弱、便秘や下痢などもツボ適応症になります。
もう少し細かく言いますと、膝関節痛、こむら返り、蓄膿症、花粉症、歯痛もありますし扁桃炎、五十肩、寝違え、腱鞘炎、坐骨神経症、さらには足の冷えや足のしびれ、脚のむくみや痛風などもツボ適応症です。
その他、婦人科系では更年期障害や生理痛、月経不順などもそうですし、高血圧や低血圧症、神経痛、乗り物酔いも含まれます。
また、神経系や運動系、循環器や呼吸器、消化器、代謝系の疾患治療に適応性があります。

コメントを残す